新人女子社員から好かれる上司になる4つの基本知識

仕事の処世術

女性の社会進出が大変話題になる近現代。女性は職場でとても重要な存在になっています。新人女子社員を上手に教育するためにも、上司とより良い関係を築くことが必要です。では新人女子社員から好かれる上司になるには、どんな点に注意をしたら良いのでしょうか。

仕事のミスのフォローをする

新人女子社員には、仕事もまだまだ不慣れな面がたくさんあります。初めての社会勉強で職場での人間関係をはじめ、色々学ぶことがありますよね。もちろん仕事でミスをすることだってあります。

そんな失敗した時の上司のフォローが女性社員にとっては、大切なチェックポイントになっています。仕事のミスをした原因を的確に本人に伝え、必ずフォローをしましょう。

性格的なことやネガティブなコメントを絶対にしないことが、女性、男性を問わず良い上司になるには必要な要素です。特に新人女子社員は失敗すると精神的にもダメージを受けやすいため、仕事のフォローとともにメンタルな面でも励ましてあげるとよいでしょう。

そしていつまでも失敗を話題にしないこと、次のステップに頭を切り替えるようなフォローをしましょう。

細かい事でも褒めること

どんな人でも褒められれば悪い気はしません。それは職場でも同様で、仕事の成功は本人にとってモチベーションにつながります。大切なことは新人女子社員の場合はそれほど大きな成功でなくても、少しの進歩があったら必ず褒めてあげる点です。

また女性社員の仕事として一般的なお茶入れやデスクのお掃除など、当たり前として受け止めるのでなく、細かい日常的な作業こそ感謝する気持ちを表さないといけません。女性だから当たり前、というような態度では上司として失格です。

新人女性社員にとって上司は頼れる人でないといけません。それぞれの部下がどんな仕事を担当しているか、細かく把握することは評価する時にも役立ちます。特に新人女性社員はポジティブに褒めてやる気を出させることが大切ですよ。

残業をさせない

新人女子社員はまだまだ年齢も若く、プライベートも充実させたい時期です。仕事の後に友達と会ったりデートをしたり、仕事が終わった後のリフレッシュがとても大切な意味を持っています。

また社会生活に慣れるためにも、自由な時間とのメリハリをつけてあげることが上司としても必要です。仕事が終わらない時は無理に残業をさせず、フォローをしてあげましょう。または残業をお願いするときは必ず予定を確認して、一方的な仕事の指示をするのは避けましょう。

どうしても忙しい場合は早めに残業になることを伝え、なるべく早めに仕事を終了できるように本人に段取りをしてもらうことが大切です。プライベートを重視してくれる上司は大変部下から人気があります。仕事一筋よりも余裕をもった対応が好かれる上司のポイントですね。

身だしなみに気を使う

新人女性社員に好かれるには、身だしなみに気を使い清潔感を出すことです。これは男性にも女性にも共通することですが、上司の見た目は仕事にも影響しています。また女性社員は常にファッションチェックをして、使っている腕時計やスーツのブランド、コーディネートなどを話題にしています。

女性社員から好かれる上司はいつも身だしなみに気を付けています。高級ブランド品を使うのでなく、清潔感があること、自分にあったお洒落をすることも意識してみましょう。

特に注意をしたい点が香りです。強いコロンや香水は嫌がられるため、ほんのり良い匂いがするようにアピールしてみましょう。仕事ができる上司は恰好いい、という印象を持ってもらうために、日ごろからファッションにも意識することが必要です。

まとめ

新人女子社員に好かれる為には、まず慣れない職場で少しでも快適に過ごせるようにサポートする態度を見せることです。仕事だけなく休憩時間に会話をしたり、少しでも距離を短くする意識が大切ですね。仕事でスムーズな関係を築く為には信頼できる上下関係が重要ですよ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました